馬プラセンタサプリを選ぶときに重要になるたんぱく質量とは?

馬プラセンタサプリメントを販売しているたくさんのメーカーがありますが、その成分として注目されるのがたんぱく質量です。

 

プラセンタから抽出されるたんぱく質量の濃度を上げるために、それぞれのプラセンタを販売しているメーカーでは、製造過程での徹底的な不純物の除去、水分を管理するなど独自の抽出方法などを開発したりなどの企業努力がされています。

 

たんぱく質は、筋肉・皮膚・臓器・皮膚・爪・髪・ホルモンなど、私たちの体のあらゆる組織作っているとても重要な栄養素の1つで、主にアミノ酸の組み合わせによって構成されており、その数は10万種類にもなります。

 

たんぱく質量が高いプラセンタサプリには、アミノ酸の含有量も多くなり、プラセンタの特徴でもある細胞の増殖を促す力をもつ、たんぱく質の1つである成長因子も多く含まれているため、美容や健康のさまざまな症状の改善に効果が期待できます。

 

たんぱく質は食べ物からも摂取することができる栄養素です。

 

しかし、摂取してから分解されるときに2個以上のアミノ酸が結合され、ペプチドという化合物になるのですが、吸収率が低いためそのまま外に排出されてしまうことが多くあります。

 

そのため吸収率をよくするためには、ペプチドよりも小さく分解されて小さくすることで、体内にしっかりと吸収されるアミノ酸になります。

 

 

馬プラセンタに含まれているアミノ酸とは?

人の体を構成しているアミノ酸は20種類あり、体内で合成することができてさまざまな働きをする11種類の非必須アミノ酸と、体内では合成することができず外から食物で補給しなければならない9種類の必須アミノ酸があります。

 

人の体の健康を保つためには、この非必須アミノ酸と必須アミノ酸のバランスがうまく保たれています。

必須アミノ酸

  • バリン
  • イソロイシン
  • ロイシン
  • メチオニン
  • リジン
  • フェニルアラニン
  • トリプトファン
  • トレオニン
  • ヒスチジン

非必須アミノ酸

  • アルギニン
  • グリシン
  • アラニン
  • セリン
  • チロシン
  • システイン
  • アスパラギン
  • グルタミン
  • プロリン
  • アスパラギン酸
  • グルタミン酸

 

プラセンタ市場のほとんどを占めているのが、大量生産ができる豚プラセンタですが、馬プラセンタは豚プラセンタには含まれていない6種類の必須アミノ酸が含まれており、アミノ酸量も豚プラセンタと比べると約1.2倍多いと言われています。

  • イソロイシン
  • ロイシン
  • メチオニン
  • リジン
  • フェニルアラニン
  • トレオニン

 

食べるものからしっかりと補給しているつもりでいても、身体を構成しているアミノ酸が足りていないと体調を崩してしまうこともあるため、非必須アミノ酸と必須アミノ酸のバランスは、健康を維持していくためにはとても大切なものです。

 

馬プラセンタサプリメントの抽出方法は酵素分解が多く使用されており、ペプチドからアミノ酸単体へ低分子化されて分解されているため、体内への吸収率がいいため、効率よくアミノ酸を体に摂取することができます。

 

※メーカーによって、たんぱく質量をアップさせるために、プラセンタのたんぱく質以外のものを混ぜて、たんぱく質量をアップさせていることがあるため、購入するときには必ずパッケージに記載されている、栄養成分の表示のたんぱく質量を確認してから購入しましょう。(100%に近いものほど濃度が高いと言えます)

 

馬プラセンタは、たんぱく質量が高いほど含まれている有効成分も多く、品質の高いプラセンタになります。

 

馬プラセンタサプリメントを取り扱っているメーカーがどれだけたんぱく質量や品質などにこだわっているのかを、購入する前にメーカーサイトなどで確認してみましょう。