人の成長に必要不可欠な人成長ホルモンとは?

人が成長していくために必要不可欠である人成長ホルモンは脳の下垂体から分泌されており、細胞・皮膚・骨・筋肉など、健康な身体の機能を調整するための重要なホルモンです。

 

人成長ホルモンは、産まれた子供が成長してくために必要なホルモンというイメージを持つ人が多いのではないかと思いますが、肌の細胞や体内のさまざまな部分の修復や再生をするという役割も持っており、身体の成長はもちろんのこと代謝調節にも作用するため、大人になってもとても重要なホルモンなのです。

 

人成長ホルモンの分泌量は、産まれてから増えていき思春期がピークになり、20代後半には急激に減少していき、50代になるとピークのときの5分の1にまで減ってしまいます。

 

加齢とともに目立ちはじめる、美容に関するシミ・しわ・くすみ・たるみなどの肌トラブルや、疲れが取れにくかったりなど、つまり人成長ホルモンの減少が老化現象を引き起こしてしまう原因となってしまうのです。

 

そのため、今よりも若々しい肌を作っていくためには、減少していく人成長ホルモンを活性化させることがアンチエイジングへとつながっていきます。

 

人成長ホルモンと成長因子にはどんな関わりがあるの?

人成長ホルモンの分泌量の減少によって起こる老化現象をすすめないために必要な人成長ホルモンが正常な働きをするように促す役割をしているのが成長因子です。

 

成長因子は細胞増殖因子(グロースファクター)とも呼ばれており、身体を作るもとになっているタンパク質の1つで、美容や健康を気にかけている人でプラセンタが気になるのであれば、聞いたことのある言葉なのではないでしょうか。

 

もともと体内に備わっている成長因子の種類はいくつかあり、細胞の分化、増殖・修復や再生など、細胞の種類によってそれぞれの働きを補うことによって、全身の細胞の代謝が促され、体質の改善、代謝の向上、身体の組織・機能の若返りなどが期待できます。

 

細胞自体を若返らせることが出来るのはプラセンタに含まれている成長因子にしかありません。

 

しかし、成長因子も10歳までは体内で活発に作り出されますが、10歳ごろから減少し始め20歳を過ぎたころには急激に減少してしまいます。

 

老化現象の進み方は人それぞれに違っていますが、年齢を重ねるほどいつまでも若々しく美しくいたいと思うのは男性も女性も同じだと思います。

 

加齢とともに減少していく成長因を、プラセンタの成長因子を摂取して補っていくことで、人成長ホルモンの働きを活性化され、老化を遅らせることができアンチエイジングへの効果が期待できるのです。

 

プラセンタにしか含まれていない成長因子の種類と働きとは?

医療機関などでも病気の治療や美肌の効果が高いとプラセンタが注目されているのは、成長因子の働きが大きいのではないでしょうか。

 

 

 

■EGF(上皮細胞増殖因子)
体内にもともとありターンオーバーが促され肌が再生することで肌のキメが整います。

 

■FGF(線維芽細胞増殖因子)
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸をつくり出すことで、ハリや潤いがでることによってしみやたるみの予防になります。

 

■HGF(肝細胞増殖因子)
細胞の増殖と修復・再生を促して、アルコールやウィルスによってダメージを受けた肝臓の幹細胞を活性化させることによって、肝機能を改善が期待できます。

 

■NGF(神経細胞増殖因子)
自律神経やホルモンバランスを整えることで精神を安定させることができるため、更年期障害やうつ病などの改善に効果が期待できます。

 

■IGF(インスリン様成長因子)
新しい皮膚の細胞を生み出し、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの潤い成分を増加させることができるため、肌のハリの回復、シワやたるみの改善が期待できます。

 

■CSF(コロニー形成刺激因子)・インターロイキン
白血球(顆粒球・マクロファージなど)の幹細胞の増殖を促すことで身体の免疫機能を向上させ、自然治癒力を高めて病気にかかりにくい体を作っていきます。

 

 

このように、簡単にそれぞれの種類の成長因子の働きをまとめてみましたが、成長因子の種類はもっと細かく分けられるのですが、それぞれの種類の働きの相互作用によって、さらに複雑な働きをすることも成長因子の素晴らしいところです。

 

細胞自体を若返らせてくれる成長因子は、年齢を重ねて現れ始めたさまざまな美容や健康に対する悩みのサポートをしてくれるのではないでしょうか。

 

成長因子の効果をしっかりと実感したいならば、成長因子はタンパク質の一種なので、タンパク質量が多いものを選ぶことが大切です。

 

ちなみに、母の滴のタンパク質量は、98.8%と、不純物や水分を含んでいないプラセンタ原末で、ほとんど100%に近い高タンパク質のプラセンタ粉末です。

 

他のプラセンタを販売しているメーカーの中では、タンパク質量98.8%はなかなかありません。

 

また、天然のヒアルロン酸といってもいい、潤い成分まで配合された馬プラセンタサプリは母の滴しかなく、おすすめの馬プラセンタサプリメントです!