プラセンタを摂取したいけど安全性は大丈夫?

年齢を重ねていくたびに出てきてしまう、美容や健康の悩みを抱えている女性はたくさんいるのではないでしょうか?

 

いつまでも若々しく美しくいたい、もっとキレイな肌になりたいという人に注目されているのがプラセンタです。

 

プラセンタは医療機関で医薬品としても使用されているほど、さまざまな効果や効能をもっています。

 

ここでは、美容や健康に効果があると期待されているプラセンタを試してみようと思ったときに、ふと安全性や副作用はどうなんだろう?と心配になったり疑問に思うことを紹介します。

 

プラセンタを摂取する方法としては、注射・サプリメント・ドリンクがあり、医療機関で処方される注射や内服薬で医薬品として取り扱われており、一般で市販されているサプリメントやドリンクは健康食品として取り扱われています。

 

医療機関で処方されるプラセンタは、厚生労働省が認可している、人由来のヒトプラセンタの「ラエンネック」「メルスモン」の2つのみが使用されており、サプリメントやドリンクには豚・馬・羊由来のプラセンタが使用されています。

 

ヒトプラセンタの高い安全性とリスク

医療機関でしか処方することができず医薬品として取り扱われる、人由来のヒトプラセンタの注射や錠剤は、厚生労働省に認可されている製薬メーカーと契約している日本国内の産婦人科から、正常分娩で出産した人の胎盤を原料としています。

 

原料となる人の胎盤は、妊婦が入院しているときに、肝炎やHIVなどのウィルス感染などをチェックするのための血液検査、胎盤の中にある血液の除去(高圧蒸気滅菌など)など、のプラセンタ注射薬や錠剤にする前に厳密なチェックがされており、製薬メーカーによって厳重な管理のもとで生産されています。

 

そのため今現在、医療機関で取り扱われているヒトプラセンタによる感染症などの報告はなく、安全性は高いと言われています。

 

しかし、狂牛病以降は厚生労働省の通達により、一度でもプラセンタ注射を打った人は、感染症のリスクがないとは言えないため献血ができません。

 

■プラセンタ注射の投与方法の確認を
ヒトプラセンタの安全性は高いのですが、プラセンタ注射を投与するときの方法によっては安全性が確保できないことがあります。

 

プラセンタ注射の投与方法として皮下注射・筋肉注射・静脈注射(点滴)がありますが、静脈注射(点滴)に関しては、血管に直接プラセンタ薬液を入れるため、まれにショック症状・血圧低下・チアノーゼ・痙攣・呼吸困難などが起こる可能性があり危険です。

 

厚生労働省に認可されている、「メルスモン」「ラエンネック」では、皮下注射か筋肉注射のみとなっています。

 

プラセンタサプリメントで安全性が高いのは馬プラセンタ

プラセンタサプリメントに使用される動物の胎盤は、飼育環境によって安全性が変わってきてしまい、最近では安全性がヒトプラセンタの次に高いと言われている馬プラセンタが人気があり注目を集めています。

 

馬は豚よりも体温が高いため寄生虫の心配が少なく病気にかかりにくいため、予防接種などのワクチン投与や薬の入った飼料を常に与えるということがありません。

 

そのなかでも馬プラセンタに使用される胎盤は国内のサラブレッドのものが多く、1頭1頭の血統がきちんと管理されており、馬の健康や衛生面などの飼育環境がきちんと管理されている農場で飼育された馬の胎盤が原料となっています。

 

また、最近では国内のサラブレッドの胎盤の確保が難しく、国内のサラブレッドと同じような環境で飼育された外国産の馬の胎盤を使用している商品もあります。

 

国内でも国外のどちらの胎盤でも、メーカーによる厳しい自社基準による感染症などの検査や製造工程を経て安全性を高めており、有効成分がしっかりと残る品質のよいプラセンタが抽出できるため、どちらも有効成分に差はありません。

 

豚プラセンタは安全性が不透明?

豚プラセンタはプラセンタ市場の多くを占めているため流通量が多く、ドラッグストアなどで並んでいるプラセンタの商品のほとんどが豚プラセンタです。

 

豚は寄生虫や病気にかかりやすいということからワクチン摂取などの薬の影響があり、育つ環境もどのように育ったのかわからないということから、安全性が不透明なものが多いため、馬プラセンタよりも安全性が劣ると言われています。

 

しかし、特定の病原体や寄生虫を持たないSPF豚の胎盤を原料としているものは別で、原料が衛生的なので雑菌などを除去するための熱による処理の工程を減らすことができるため、有効成分をしっかりと残すことができるため、豚プラセンタの場合はSPF豚のものが安全性が高いといえます。

 

国内で生産することができない羊プラセンタ

羊プラセンタは海外のハリウッド女優やセレブに人気があるため、日本でも試してみたいと思う人が多いようです。

 

しかし、羊は狂牛病と似たスクレイピーという伝染病にかかることがあり、人間に感染することはないとは言われていますが、日本政府はもしも…というリスクを回避するため、日本国内で生産しないとしました。

 

国内で流通はしていませんが、海外から輸入された商品を購入することはできるので、それでも羊プラセンタを使用したいという人は、ネットで購入することができます。

 

馬プラセンタの安全性のまとめ

医薬品として扱われているプラセンタ注射や、健康食品として扱われているプラセンタサプリメント、どちらも摂取するときの安全性を知ってから、自分にあったプラセンタを選びたいですよね。

 

医療機関でしか摂取することができないヒトプラセンタ注射や錠剤の場合は、安全性が高く効果も一番高いと言えますが、献血ができなくなるというリスクがあります。

 

その点で考えると、ヒトプラセンタの次に安全性が高く効果が高い、馬プラセンタサプリメントがもっともおすすめできるのではないでしょうか。